自分の歯のように咬めるように
なるためのインプラント治療

虫歯などで失った歯の機能を補う方法の中でも、とくに外観上、機能上で優れた機能回復を実現できるのが、「インプラント治療」です。森山歯科医院では、このインプラント治療にも力を入れています。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット・デメリット

自分の歯のように咬める、天然歯と同様の見た目が再現できるなどさまざまなメリットを持つインプラントですが、一方で手術が必要な点や高額な治療費などデメリットもあります。治療を検討する際はこうした両面を比較検討するようにしましょう。

メリット デメリット
  • 人工歯根があごの骨としっかり接合されるので、グラつきもなく自分の歯のようにしっかり咬める
  • 天然歯のような質感と美しい外観
  • 他の健康な歯に負担をかけない
  • セラミック製の人工歯冠は外観も自然で美観に優れる
  • 人工歯根を埋め込むための外科手術が必要
  • 自費診療のため費用が高額になる
  • 人工歯根と骨の結合に時間がかかるため治療が長期になる

このような方にはインプラントがおすすめ

周囲の健康な歯に負担をかけたくない

部分入れ歯はやブリッジは他の健康な歯を支えにするため絶えず無理な力が加わります。しかしインプラントなら支えを必要とせず、問題がある歯だけを治療すればよいためこうした問題が生じません。

今の入れ歯が合わなくなってきた

加齢や長期にわたる入れ歯の使用であごの骨がやせると、入れ歯も次第に合わなくなり再製作が必要になります。しかし、インプラントはあごの形に影響を受けないので、再治療することなくいつまでも使い続けることができます。

入れ歯を装着すると吐き気をもよおす

装着した際の異物感が原因で吐き気をもよおすことがあるのが入れ歯。しかし、インプラントはあごの骨に直接固定するためこうしたトラブルとは無縁です。

入れ歯の手入れが面倒

インプラントの手入れは通常のブラッシングと定期検診程度。入れ歯のように取り外して磨いたり、専用液に浸けたりといった手間もいりません。

当院のインプラント治療について

森山歯科医院では、一般的なインプラント治療に加え、さらに高度で特殊な治療にも対応。患部の状態や患者さんのご要望により適切な手法を使い分けています。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントに人工歯をはめ込む通常の治療とは異なり、特殊な金具で埋め込んだ人工歯根と入れ歯を装着、維持する手法です。しっかりと装着を維持でき、取り外しも可能です。

メリット
  • あごの骨にしっかり固定されるため、よく咬んで食事ができる
  • 入れ歯のように取り外しもできるが、お手入れは比較的簡単
  • 2本のインプラントで済むため、治療費を抑えながら多くの歯を補える
  • 条件次第では、治療したその日のうちに食事できる
抜歯即時インプラント

文字通り、抜歯とインプラントの埋入を同じ日に行えるのが特色。通常では、抜歯から歯ぐきがふさがるまで治療が行えず、歯が欠落した間は何か我慢しなければなりませんでした。

  • 抜歯即時インプラント
  • 抜歯即時インプラント
  • 抜歯即時インプラント
メリット
  • 抜歯した部分の骨がやせにくく、歯ぐきなどの組織が維持しやすい
  • 抜歯後は自然治癒力が活発になるため、傷口の治りもよい
  • 外科処置が1回の手術で済むので、時間的にも経済的にも患者さんの負担が少なくなる
  • 治療期間が従来の約半分と短い
ソケットリフト

インプラント治療を行うのに骨量が十分でない場合の処置です。インプラントを埋め込むための穴から上顎洞に向けて人工骨を入れ、骨の厚さを増やします。

  • ソケットリフト
  • ソケットリフト
  • ソケットリフト
メリット
  • 傷口を小さくできるので、術後の腫れや痛みが少ない
  • 骨量が少ない場合でもインプラント治療が可能

インプラント治療の流れ

当院がインプラント治療を行う場合の一般的な流れをご説明します。

Step1精密検査

精密検査

レントゲン撮影を行い、お口の中や骨の状態を検査します。

arrow

Step2検査結果とインフォームドコンセント

検査結果をもとに最善の治療方法を検討します。この検査結果と治療方法については患者さんに対していねいに説明し、ご納得の上で治療に進みます。

arrow

Step3術前の口腔環境整備

術前の口腔環境整備

インプラントを予定している歯の近くに不具合のある補綴物があればこれを改善し、虫歯や歯周病があればまず先にこれを治療します。また、必要に応じてブラッシング指導も行います。なお、喫煙習慣のある方は術前半月~1ヶ月程度にわたって禁煙していただく必要があります。

arrow

Step4一次手術

インプラントの埋入を行います。処置時間は1本につき15~30分。なお、術後は下顎の場合で2~4ヶ月程度、上顎では4~6ヶ月程度の養生期間を経て、二次手術を行います。ただし、骨がやわらかい場合などは、さらに1~2ヶ月を要することも。

arrow

Step5二次手術

二次手術

インプラントのヘッド部分を歯肉から露出させ、専用のキャップを取り付けます。切開にはレーザーを使用するため、出血や痛みはほとんどありません。

arrow

Step6印象採取

二次手術後、傷口の治癒を待って(半月~1ヶ月程度)、人工歯を製作するための印象を採取(型取り)します。

arrow

Step7人工歯の装着

人工歯の装着

インプラントと人工歯を接続するアバットメントを装着し、人工歯をかぶせます。人工歯の素材はには「オールセラミック」「メタルボンド」「ジルコニア」などがありますが、いずれでも天然歯に近い自然な外観になります。

料金表

インプラント 1次オペ 260,000円
2次オペ 10,000円
上部構造体 ゴールド 60,000円
メタルボンド 110,000円
ソケットリフト 20,000円

※金額は全て税別です。

患者さん一人ひとりに最適な入れ歯をご提案

虫歯や歯周病、事故などで歯を失った場合、入れ歯で歯の機能を補うことができます。大田区久が原の歯医者「森山歯科医院」では、患者さん一人ひとりに最適な入れ歯をご提案いたします。また、今お使いの入れ歯が合わない方も当院までご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯は保険適用となるもの、自費診療となるものの2つに大きく分けられます。こちらでは、その違いをご説明します。

保険入れ歯
保険入れ歯
自費入れ歯
自費入れ歯
メリット
  • 費用が安い
  • 製作期間が1ヶ月程度と短い
  • 修理が容易
  • 使用できる素材や構造が自由に選べ、咬み心地や見た目もよいものができる
  • 床部分が金属製のものを選べば、薄く軽いものになり、装着感も向上。食べ物の温度も感じやすくなる
デメリット
  • 使用できる素材が限定される。床部分はレジンのみ
  • 部分入れ歯は金属バネが目立ちやすい
  • 床部分が厚くなり、使用感に劣る
  • 入れ歯だとわかりやすい
  • 自費入れ歯に比べ咬み心地は劣る
  • 耐久性が低い
  • 形状によっては修理できないものがある
  • 製作期間が数か月程度かかる
  • 費用が高額になる

当院の取り扱い入れ歯

レジン床義歯
レジン床義歯 特徴 保険診療で作る入れ歯
メリット
  • 費用が安い
  • 作成期間が短い
デメリット
  • 床が厚く違和感がある
  • 堅いものがしっかり咬めないことがある
  • 耐久性が低い
料金 保険適用価格
金属床義歯
金属床義歯 特徴 床部分が金属製
メリット
  • 食べ物の温度を感じやすい
  • 汚れが付着しにくく清潔
  • 強度に優れ、変形しにくい
デメリット
  • あごの骨がやせると合わなくなることがある
  • 金属アレルギーのリスクがある
料金 部分床義歯 コバルトクロム: 250,000~350,000円
チタン: 350,000~450,000円
総義歯 コバルトクロム: 400,000円
チタン: 500,000円
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー 特徴 バネ不使用の部分入れ歯
メリット
  • 周囲の歯への負担が軽い
  • 目立たない
  • 弾力性があり壊れにくい
  • 金属アレルギーを起こさない
デメリット
  • 補える歯の数が限られる
  • 温度変化に弱い
  • 金属製に比べ、熱伝導率が低いため食べ物の温度が伝わりにくい
料金 100,000~300,000円
コーヌスクローネデンチャー
コーヌスクローネデンチャー 特徴 歯根と人工歯に冠を着け、摩擦抵抗で固定する入れ歯
メリット
  • 自分の歯に固定するので目立ちにくい
  • 着脱が容易
  • 天然歯に近い感覚で咬める
  • ブラッシングもしやすい
デメリット
  • 周囲の健康な歯を削る必要がある
  • 高度な治療技術が必要で手間がかかる
  • 対応できる歯医者が少ない
料金 250,000~500,000円

※金額は全て税別です。

入れ歯のお手入れの仕方

入れ歯のお手入れの仕方

入れ歯を快適に使い続けるために、以下の点に気をつけてこまめにお手入れしましょう。

1. ブラッシングは入れ歯専用の洗浄剤で

一般の歯磨き粉には研磨剤が含まれているので、入れ歯に傷がついてしまいます。必ず専用のもので洗うようにしましょう。

2. 歯ブラシも入れ歯専用を

入れ歯はやわらかな素材でできています。通常の歯ブラシでは細かな傷がついてしまうため、ブラシも専用のものを使いましょう。

3. お手入れは毎日欠かさず

食後は水で洗い流す程度でOK。夜寝る前にはよりていねいに洗い、汚れを落とします。

4. 就寝時は洗浄液に浸けて

入れ歯は乾燥に弱いもの。長時間使用しない夜間は専用の洗浄液に浸しておきましょう。

TOP